三国志<全13巻>(北方謙三)
Category : 三国志の本
5、7、8、12、13巻初版
角川春樹事務所・ハルキ文庫
2001〜2009年発行分
定価(全巻で)7800円
<商品の状態:並(カバー背ややあせ)〜並上>

★時は、後漢末の中国。政が乱れ賊の蔓延る世に、信義を貫く者があった。姓は劉、名は備、字は玄徳。その男と出会い、共に覇道を歩む決意をする関羽と張飛。黄巾賊が全土で蜂起するなか、劉備らはその闘いへ身を投じて行く。官軍として、黄巾軍討伐にあたる曹操。義勇兵に身を置き野望を馳せる孫堅。覇業を志す者たちが起ち、出会い、乱世に風を興す。激しくも哀切な興亡ドラマを雄渾華麗に謳いあげる、北方<三国志>。

三国志 一の巻 天狼の星
三国志 二の巻 参旗の星
三国志 三の巻 玄戈の星
三国志 四の巻 列肆の星
三国志 五の巻 八魁の星
三国志 六の巻 陣車の星
三国志 七の巻 諸王の星
三国志 八の巻 水府の星
三国志 九の巻 軍市の星
三国志 十の巻 帝座の星
三国志 十一の巻 鬼宿の星
三国志 十二の巻 霹靂の星
三国志 十三の巻 極北の星
の全13巻をセットで。(今回は別巻の読本はついていません)
劉備と、関羽・張飛の出会い(馬を運ぶところ)から、五丈原(諸葛亮孔明の死)までが描かれ、作者が曹操が好き、ということもあって、蜀・魏・呉の、何処より、っていうのではなく、群雄割拠の時代に、それぞれに己の信じるもののために戦った漢(おとこ)の生き様を魅力的に描いた群像劇。
個性的なキャラクター造形や、ハードボイルドを数多く書いてきた北方さんらしい、簡潔でテンポのいい文体、戦場面での圧倒的な描写力、そして、ものすごく心に残る男気あふれる名台詞が炸裂。かっこいいです。
三国志好きの人は他の作品と比べてみるのも楽しいだろうし、未読の人は極上の歴史エンターテインメント小説として、何の予備知識がなくても引き込まれると思う。
華やかながらも品格のある菊地信義さんの装幀もいい。

すでに3セット売れているぺんぎん堂の人気商品。
「三国志特集」開催中に是非、再出品したいと必死の捜索の甲斐あって、なんとか揃いました。

★送料はゆうメールで590円(地域により、安くなる場合、ほぼ同額の場合はゆうパック60サイズを利用します)
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索