新年の贈り物(トマス・ビュイック画)
11刷
ほるぷ出版
1988年7月20日発行
定価:新刊としてはセット販売(8万9200円)のみ
88×91mm ハードカバー 
<商品の状態:良好・内函(クロス装)外函つき(函しみ)>

★原題「A NEW YEARS GIFT」(1777年)

トマス・ビュイックの31枚の木版画で構成された、文字のない絵本。
そのうち13枚は「シンデレラ」「長ぐつをはいたねこ」
「赤ずきん」など、シャルル・ペローの「すぎし昔のお話集」(パリ、1697年)に含まれた作品を題材にしている。
トマス・ビュイックは、滅びかけていたイギリスの木版画を再興し、「白線彫刻」(ホワイト・ライン)の技法を創始するなど、イギリスの児童向け絵本史上、最初に現れた芸術家とされている人物。
彼のすぐれた仕事は、特に博物学の分野で発揮された。
「四足獣の歴史」や「イギリスの鳥の歴史」といった博物学的な版画の絵本を手がけ、本書にも、フクロウ、ライオン、ブドウやバラの花など、正確な観察による動植物の作品が収録されている。

(サブ画像で、函とカットの一部を紹介しています。
クリックすると拡大できます)

★この本は、「オズボーン・コレクション<全34冊+付録+解説・絵本ガイド>」というセットの一部です。
バラのものが入手できれば、別途出品しますが、この商品については、分売できませんので、ご了承ください。
(単品では注文できないように売り切れ表示が出ていますが、セットのご注文は承っています)

セット内容をご覧になりたい方、
ご購入希望の方は、
こちらから


*表示の価格は、分売する場合を想定した参考価格で、刊行当初から、セット販売のみの本なので、各巻に定価はありません。
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索