古いお友だちのアルファベット(ウォルター・クレイン画)
11刷
ほるぷ出版
1988年7月20日発行
定価:新刊としてはセット販売(8万9200円)のみ
269×234mm
<商品の状態:本体は良好・函つき(函背やけ、小しわ)>

★原題 「The Alphabet of Old Friends」1875年

19世紀3大挿絵画家の一人とされるのが、ウォルター・クレイン。装飾美術に力を注いでいたクレインは、自分の色彩・図案の理論を実験して楽しむため、印刷技師エドマンド・エヴァンズと組んで、6ペニー絵本、1シリング絵本「トーイ・ブックス」にも優れた作品を残した。
当時流行だったアルファベット絵本をクレインも6冊手がけたが、『古いお友だちのアルファベット』は、その中でも特に素晴らしいと言われているもの。
日本では一般に「マザー・グースの歌」と呼ばれている「ナーサリー・ライムズ(わらべ唄)」を出だしの文字によってABC順に並べたアルファベット絵本。
それぞれのわらべ唄を描写した絵が、金の輪の中に書かれたアルファベット文字と一緒に、挿絵の中に判じ絵のように盛り込まれた非常に愉快で美しい絵本だ。
クレインは、2年間滞在した「イタリア化の影響」と、北斎や広重ら日本版画の影響をシリング・ブックスのデザインの中に用いたという。
ヨーロッパの古いつづれ織りの方法で、1ページにいくつかの違った場面を組み合わせているところなど、中世的といってもいい効果を生み出していて、これもイタリアで学んだ古典美術とルネッサンス芸術を、クレインが自分の仕事に取り込んだ結果かもしれない。

『復刻 世界の絵本館―オズボーン・コレクション』では、同じクレインの作品『長ぐつをはいた猫』と2冊セットでひとつの函に収められている。

(サブ画像で、函とカットの一部を紹介しています。
クリックすると拡大できます)

★この本は、「オズボーン・コレクション<全34冊+付録+解説・絵本ガイド>」というセットの一部です。
バラのものが入手できれば、別途出品しますが、この商品については、分売できませんので、ご了承ください。
(単品では注文できないように売り切れ表示が出ていますが、セットのご注文は承っています)

セット内容をご覧になりたい方、
ご購入希望の方は、
こちらから


*表示の価格は、『長ぐつをはいた猫』とのセット価格。
(ただし、分売する場合を想定した参考価格で、刊行当初から、セット販売のみの本なので、各巻に定価はありません。)
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索