ナンセンスの本(エドワード・リア 作・画)
11刷
ほるぷ出版
1988年7月20日発行
定価:新刊としてはセット販売(8万9200円)のみ
262×220mm ハードカバー
<商品の状態:本体は良好・函つき(函背やけ、角小いたみ)>

★原題 「A Book of Nonsense」1875年

ナンセンス詩や物語を多く出版し、当時から今日まで人気を誇るエドワード・リアだが、一番愛されている本は、やはり1846年に初めて世に出た、この「ナンセンスの本」だろう。日本では「ナンセンスの絵本」と言われているようだ。
「文句なしにリメリック(5行詩)の名人」と謳われたリア。
ナンセンス文学は、イギリスの児童文学に最も見事に現れた一つのジャンルであろう。
奔放で楽しいイラストも素晴らしい。
日本で人気の漫画家・イラストレーターである佐々木マキさんも、このリアの5行詩に絵をつけた「たわごと師たち」という本を出している。
現在では英国のリアの本の図版は白黒らしいが、ほるぷ出版が復刻したのはカラー印刷で、最も挿絵の多かった(130の挿絵)版を採用しているのがうれしい。
装幀も豪華で、背は金文字、表紙は金と黒の箔押しで、本体も三方金(天地小口が金)。輝くばかりに美しい。
そのままでは、英語の苦手な人には、ややわかりにくく、サブテキストとして日本語訳がほしいところである。
日本では柳瀬尚紀さんが翻訳をてがけていて、同じほるぷ出版から出た大型本『ナンセンスの絵本』、ちくま文庫の『ナンセンスの絵本』、岩波文庫の『完訳 ナンセンスの絵本』で、言葉遊びの醍醐味を味わわせてくれる柳瀬さんの名訳とリアの原詩を楽しめるが、現在のところ、どの本も版元品切れになっている。

(サブ画像で、函とカットの一部を紹介しています。
クリックすると拡大できます)

★この商品は、「オズボーン・コレクション<全34冊+付録+解説・絵本ガイド>」というセットの一部です。
この商品については、分売できませんので、ご了承ください。
(単品では注文できないように売り切れ表示が出ていますが、セットのご注文は承っています)

セット内容をご覧になりたい方、
ご購入希望の方は、
こちらから

バラ売りのこの商品は
こちらから


*表示の価格は、分売する場合を想定した参考価格で、刊行当初から、セット販売のみなので、各巻に定価はありません。
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索