ツイン・ピークス ローラの日記(J・リンチ/飛田野裕子・訳)
8刷
扶桑社ミステリー(文庫)
1991年12月5日発行
定価540円
絶版または版元品切れ
<商品の状態:並やや下(カバー小しわスレ、背表紙軽い折れ、ページ一部折れ)帯つき(帯は約5ミリの欠損)>
★アメリカ北西部、カナダ国境近くにある平和な町ツイン・ピークス。
だが、ある冬の朝、町の誰からも愛されていた女子高校生ローラが変死体となって発見されたことから、この奇怪な事件が明らかになる―。
全米を熱狂させ、いままた日本でも話題を呼ぶ鬼才リンチの異色サスペンス連続ドラマ、<ツイン・ピークス>
「誰がローラ・パーマーを殺したのか?」その謎を解く鍵がこの『日記』の中にある?
全米で50万部を売ったスーパーミステリー。
FBI特別捜査官デイル・クーパーが捜査する森林の町<ツイン・ピークス>で起きた事件は、調べるほどに謎を深め、さらに異様な展開を見せてゆく。ビデオ、WOWWOWで話題を呼び、映画化もされた超異色ドラマに、新たな角度から迫る。 著者は、デヴィッド・リンチ監督の娘、ジェニファー・リンチ。
解説:滝本誠
今となっては、懐かしい。
はああ、ほんとにほんとに好きだったな。ツイン・ピークス。全部ビデオに撮ってある。
いまだに、結局、どうよ?っていうのがわからない、謎めいたとこが素晴らしい(笑)
いろんなことが解明されるカタルシスってすごいけど、ある意味、読者、視聴者に想像する余地を残した作品っていうのが、長く愛されていくのかなあ、って思ったりする。何度でも見たくなる麻薬のような魅力というか。
★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索