詐欺師ミステリー傑作選(小鷹信光・編)
初版
河出文庫
1990年8月4日発行
定価5860円
絶版または版元品切れ
<商品の状態:並やや下(本体やけ、ページ一部上部角折癖)帯つき>
★ 大金をねらっての、”乗るかそるかの大芝居”。広告詐欺に、偽札のぺてん、名画の贋作や、相場のぺてん……。フォックス、リッチー、カーシュら有名、無名、変名の作家たちが様様な趣向をこらした手口を披露し、O・ヘンリーが詐欺師ジェフ・ピーターズの物語を、オーソン・ウェルズが、”第三の男”ハリイ・ライムの冒険譚を物語る。
詐欺師たちの痛快で人間味あふれる犯罪を描いた十三篇の傑作ミステリー。

<目次>
「おばあちゃんに脱帽」ジャック・フォックス(橘雅子・訳)
「転職への道」ジャック・リッチー(堀内静子・訳)
「カモのお返し」トマス・イーガン(小鷹信光・訳)
「広告欄の二人」キャメロン・ウイルス(和泉晶子・訳)
「黒い帽子の男」ロバート・ヴァラック(加地美知子・訳)
「ネズミ捕り」イライジャ・エリス(世古芳樹・訳)
「バードより愛をこめて」クラーク・ハワード(坂口玲子・訳)
「幕間・詐欺の手口教えます」三条美穂
「贋作の報酬」ジェイム・サンダヴァル(村田勝彦・訳)
「カーミジンの偽札騒動」ジェラルド・カーシュ(矢島京子・訳)
「博愛主義的数学講座」O・ヘンリー(郷睦美・訳)
「マンハッタンの相場師」M・D・ポースト(坂口玲子・訳)
「最後の一仕事」ブライアン・クリーヴ(坂口玲子・訳)
「ハリイ・ライムの回想」オーソン・ウェルズ(橘雅子・訳)
編者あとがき(小鷹信光)
カバー画:さべあのま

河出文庫のテーマ別ミステリー・アンソロジーのシリーズは、なかなか面白いです。「犬のミステリー」「猫のミステリー」「文豪ミステリー」「占いミステリー」「不思議の国のアリス・ミステリー」などアンソロジー選定の主題がユニーク。好きなテーマを見つけてみてね。
注釈が詳細で楽しいこのシリーズ、「詐欺師ミステリー傑作選」では、各話の終わりに1ページずつ、様々な詐欺の手口や実際に起こった有名な事件、犯人などの薀蓄あり。

★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索