ラーメン発見伝<全26巻>(原作・久部緑郎/作画・河合単)
1巻4刷、2〜26巻初版
小学館ビッグコミックス
2000〜2009年発行分
定価(全巻で)12840円
B6版
<商品の状態:並下(4巻数ページ濡れしみしわ)〜並やや下(3、5、15、19巻本体やけ)〜並(本体微やけ)〜並上・美本>
★昼は、食品関係商社ダイユウ商事の落ちこぼれサラリーマン、藤本浩平は、夜にはこっそりラーメン屋台を引きながら、自分の味を創り出し、いつか開業する日を夢見ている。副業禁止の社内で、たった一人彼の秘密を知っているのは、同じくラーメンマニアの同僚のOL・佐倉祥子だけ。
仕事もそっちのけで、昼には、様々なラーメン店を食べ歩き、夜は新しいラーメンを試作する日々の中、大阪支社から転任してきた新しい上司・四谷課長が、社内でラーメン関連の事業を推進。ラーメンに詳しい藤本と佐倉はメンバーに抜擢され、ラーメン店、自然食レストラン、ラーメンテーマパークなどの事業開発に携わることに。
食べ歩きや、仕事を通じて、ラーメン評論家の有栖涼、ニューウェーブ系の頂点に立つラーメン店を経営し、敏腕フード・コーディネーターでもある芹沢達也、各地のラーメン店の店主など、ラーメンに関わる人々と知り合い、大好きなラーメンを改めて知り、日々新しい発見をする藤本。
果たして彼は自分の味を見つけることができるのか?!

各巻末には、原作協力もしている、フードライター・石神秀幸のコラム「ラーメン探求」収録。
国民人気ナンバーワンといえば、B級グルメの王様ラーメン。
単なる食べ歩きや、料理バトル漫画ではなく、仕事としてのラーメン屋、外食産業ビジネスとしてのラーメンという一面も加え、「美味しいラーメン」を作ることと、それをひとつの仕事として成功させることを主人公に課したリアリティが「お仕事系漫画」としての面白さになっている。
とはいえ、ここ十年のラーメンの歴史が一読でわかり、実在の名店も登場するのも魅力。
各巻の表紙の写真は実在の店舗の美味しいラーメンで、見ただけで、お腹が、ぐーですねー(笑)

★送料はゆうパック80サイズ(大阪から)
この商品を買った人はこんな商品も買ってます
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索