地を這う虫(高村薫)
初版
文春文庫
1999年5月10日発行
定価448円+税
<商品の状態:並(本体天やけ、地うすい微小しみ)帯つき>
★「人生の大きさは悔しさの大きさで計るんだ」
拍手は遠い。喝采とも無縁だ。めざすは密やかな達成感。
克明な観察メモから連続空き巣事件の真相に迫る守衛の奮戦をたどる表題作ほか、代議士のお抱え運転手、サラ金の取り立て屋など、日陰にありながら矜持を保ち続ける男たちの、敗れざる物語。
彼らが見た闇の底。世界の歪みを抉り、深い余韻を与える会心作。
高村薫の6作目にして初の短編集であった単行本『地を這う虫』から、「去りゆく日に」を抜いて、全面改稿のうえ再編集した文庫版。
<目次>
愁訴の花
巡り逢う人びと
父が来た道
地を這う虫

高村薫さんは、文庫化の際に、単行本を大幅に加筆訂正するのが常。好きだから、結局は両方買うことになってしまう。
ファン泣かせではあるけど、書き直したものは、アップグレードしてるので、やっぱりすごい。

★送料はメール便で160円
この商品を買った人はこんな商品も買ってます
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索