マークスの山<上下>(高村薫)
上下とも初版
講談社文庫
2003年1月24日発行
定価(上下で)1360円
<商品の状態:並上・下巻は帯つき>
★「俺は今日からマークスだ!
マークス!いい名前だろう!」
精神に<暗い山>を抱える殺人者マークス。
南アルプスで播かれた犯罪の種子は16年後発芽し、東京で連続殺人事件として開花した。
被害者たちにつながりはあるのか?
姿なき殺人犯を追うのは、合田雄一郎。
33歳6ヵ月。
警視庁捜査第1課第7係の刑事。
いったん仕事に入ると、警察官僚職務執行法が服を着て歩いているような規律と忍耐の塊になる。
長期研修で所轄署と本庁を行ったり来たりしながら捜査畑10年。
捜査1課230名の中でもっとも口数と雑音が少なく、もっとも硬い目線を持った日陰の石の一つだった・・・。

第109回直木賞受賞作であり、警察小説の金字塔である『マークスの山』を文庫化にあたり、全面改稿。
新しいマークス、新しい合田雄一郎・・・
単行本でも十分に面白かったが、さらに素晴らしい・・・。

★送料はメール便で160円
この商品を買った人はこんな商品も買ってます
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索