こいつらが日本語をダメにした(赤瀬川原平・ねじめ正一・南伸坊)
初版
ちくま文庫
1997年4月24日発行
定価760円+税
絶版または版元品切れ
<商品の状態:並下(カバー背やけかばー上部小しわ、約10ページぬれしわ)帯つき>
★たとえば道草を食うとはなにを食うのか。
3個の礼とはいったいなにか。
日ごろよく使う格言、成句をめちゃめちゃにこわし、まったく別の意味を引き出し、とんでもない内容につくりかえる、まったくもってふとどきな、珍明解国語辞典。
芥川賞作家・赤瀬川原平と直木賞作家・ねじめ正一、
笑う人物・南伸坊の三人が、日本語表現をめぐって徹頭徹尾にバカ話に終始する。空前絶後に下らない洒池肉林の画期的日本語論。

<目次>
第一章 言葉の原価計算
第二章 言葉の因数分解
第三章 言葉の検便
第四章 言葉の初場所
第五章 言葉の生活設計
第六章 言葉の耳鼻咽喉科
第七章 言葉の生物観察
あとがき
カバーデザイン:南伸坊

少し状態が悪いので、出すかどうか迷ったけど、もう絶版で、とても面白い本なので、値引きして出品しておきます。

★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索