素敵な活字中毒者(椎名誠・選/日本ペンクラブ編)
6刷
集英社文庫
1989年9月25日発行
定価450円
絶版または版元品切れ
<商品の状態:並(カバー微しわ)>

★日本ペンクラブ編による文庫オリジナル・アンソロジーは福武文庫のものと、この集英社文庫のものがあるんだけど、どちらも面白いです。テーマの選び方もいいし。
その集英社文庫のものには、「文学史上に残る名作、埋もれた傑作」をジャンル別に選んだ<日本名作シリーズ>というのがあるのですが、これはそのシリーズの中の1冊。
この巻は、椎名誠さんが選んだ、本、読書にまつわる短編小説やエッセイを集めたアンソロジー。

<目次>
「活字中毒者の一日」山口瞳
「愛書人行状記」武井武雄
「本を食べる」田辺聖子
「何のために小説を読むか?」石川喬司
「書盗」内田魯庵
「J.J 氏と神田神保町を歩く」植草甚一
「冬眠日記」大岡昇平
「一九七八年(一月〜六月分)」殿山泰司
「行きつけの」井上ひさし
「大衆小説に関する思い出」鶴見俊輔
「讀書について」小林秀雄
「書痴論」紀田順一郎
「本盗人」野呂邦暢
「古書商・頑冥堂主人」開高健
「活字と僕と―年少の読者に贈る―」江戸川乱歩
「本の中へ 本の外へ」高田宏
「万引千摺り百十番」野坂昭如
「悪魔祈祷書」夢野久作
「文字食う虫について」澁澤龍彦
「いちばん熱心に読んだ本」江國滋
「もだえ苦しむ活字中毒者 地獄の味噌蔵」椎名誠
鼎談解説:(鏡明/目黒考二/椎名誠)
カバーイラスト:山藤章二

★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索