スキップ・ビート!<1〜35巻(以下続刊)>(仲村佳樹)
1・4・8・18〜35巻初版
白泉社花とゆめコミックス
2002〜2014年発行分
定価(全巻で)14696円
新書版
<商品の状態:並(本体ヤケ)〜並上・良好/7・9・10・18・21〜35巻帯つき>

★主人公・最上キョーコは、家庭の事情で、幼少の頃から京都の老舗旅館に預けられて育ち、料理や立ち居振る舞いを身に付け、中学生の頃にはすでに女将修行をしていた少女。
旅館の息子で幼馴染みの不破尚(本名ショータロー)が、ロックミュージシャンになるため、家出同然に上京したのに同行。高校にも行かず日夜バイトに明け暮れ、生活費を一人で賄いつつ、家事をこなす・・・献身的に尽くして尽くしまくる健気な16歳!?
尚がデビューして超人気歌手となり、すれ違いの日々。
キョーコにとっては、「恋人との同棲」だった同居生活だが、実は単なる家政婦代わりに上京させられただけなことが発覚。しかも、あっさり捨てられてしまう。
失意のキョーコは、尚に復讐すべく、芸能界入りを決意。
大手芸能プロダクションLMEの新人発掘オーディションに参加し、執念と根性と天性の才能の片鱗を見せるが、家庭環境と恋愛トラウマのせいか、「愛する心、愛されたいと思う心が欠けている」と指摘され、落選してしまう。
しかし、しぶとく食い下がり、「ラブミー(Love Me)部」なる謎の部門に配属されて、そこでの仕事をこなし、ついに女優「京子」としてデビュー。ヒトクセもフタクセもある人物がひしめく、芸能界で、キョーコは、やっていけるのか!?
事務所の先輩俳優・敦賀蓮、再会した尚、やたらとキューコにつきまとうバンド、ヴィー・グールのレイノとの関係はどうなる?

『ガラスの仮面』の北島マヤも真っ青な、キョーコの「役」へのなりきりぶりが見物。亜弓さんも白目をむいて「こわい子・・・」とつぶやくことであろう(笑)
しかし、漫画の雰囲気は、『ガラスの仮面』にくらべれば、ずいぶん現代的で、ギャグあり、ラブありの盛りだくさん。
笑って楽しく読めて、ときに泣かせる緩急はさすがの人気作。
最新巻を追加した既刊全巻セット。

★送料はゆうパック80サイズ(大阪から)
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索