旋風は江を駆ける<上>(朝香祥)
Category : 三国志の本
初版
集英社コバルト文庫
1997年2月10日発行
定価490円
絶版または版元品切れ
<商品の状態:並(本体かるいやけ、カバー表紙小へこみ)>

★中国、後漢時代。武将の孫策は盟主である袁術の腹黒さに業を煮やし、部下をつれて独立しようともくろんでいた。彼は幼なじみの周瑜に、独立するための策を相談する。周瑜の出した案は「負けいくさを演じたあと、袁術に口頭哀願し、兵を借り受ける」という屈辱的なものだった。果たして、誇り高い孫策の選んだ道は? 乱世を駆け抜けた男たちの厚い友情を描いた、壮大な歴史ロマン。
朝香祥の「かぜ江」シリーズの第一作。
劉備や曹操を主人公に描かれることの多い「三国志」を呉の人物(孫策と周瑜など)の視点で描いた作品で、店主も好き。
桑原祐子さんのイラストもいい。
この作品をはじめ、上下巻の表紙は並べると繋がるデザインになっていて、素敵なのだ。

前回は上下セットで出したけど、品薄でなかなか見つからないシリーズなので、今回はとりあえず(上)のみ。

★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索