新ジュスティーヌ(マルキ・ド・サド/澁澤龍彦・訳)
初版
河出文庫
昭和62年7月4日発行
定価480円(現在定価630円)
<商品の状態:並(最終ページ値札はがしあと、本体かるいやけ)>
★身も心も美徳に捧げ、美徳のために生きようとしたがために、悲惨な出来事に次次と遭遇し、不幸な結末をむかえる美少女ジュスティーヌ。悪徳に生きた姉ジュリエットの物語と対をなすこのジュスティーヌの物語には、三つの異本が存在するが、本書はその最後の稿にあたり、決定版ともいえるものである。より客観的な手法で、人間の根源的残酷さを描き尽し、思想の深まりを示すサド後期の傑作
うむむ、理解し尽くすことは難しいが非常に興味深い人だ。小説を読んだ事がなくても、いまやSMとかサド、マゾは日常用語だものなあ。サドはこの人の名前が由来。フランス革命時代の人で、この小説もバスティーユ牢獄で書いた。のちにナポレオンによって精神病院?に入れられて死んでいる(たしか)
そんな昔から加虐と被虐が快楽に結びつく歴史があったのかと思うとめちゃくちゃ不思議・・・とMである店主は思った(笑。痛いのは苦手である。あくまでも精神的な遊戯としてのMぞよ)
★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索