「あしたのジョー」心理学概論(サーフライダー21編著)
初版
中公文庫
1995年1月18日発行
定価563円+税
版元品切れ
<商品の状態:並上(カバー背表紙微へこみ、カバー背上部小しわ)>
★矢吹丈―60年代の終わりに登場し、若者にアンチヒーローとして鮮烈な印象を残したボクシング劇画「あしたのジョー」の主人公である。対戦者力石徹の死を悼んで行なわれた現実の葬儀は、もはやコミック界の伝説といってよい。この、時代を象徴する作品に、気鋭の若手心理学者、精神科医、弁護士、教育学者らが知の技法を縦横に適用、「真っ白に燃え尽きた」ボクサー・矢吹丈の人間的内面に迫る
あの「ウルトラマン研究序説」のサーフライダー21による「あしたのジョー」分析。「ウルトラマン」の方は今も版を重ねていますが、こちらは品切れ。真面目な研究の体裁をとった団塊世代の「あしたのジョー」ファンブックなので、面白いよ。あああ、こんなシーンあったなあ、とか(笑)
「症例」矢吹丈/サイコセラピストとしてのジョー/ボディ・ランゲージとしての両手ぶらり戦法/地下足袋を捨てた丹下段平/死闘の続く世界でみせたジョーの人間らしさ/丹下氏のコーチングは成功したのか/見果てぬ両親を求めて/心理判定/ジョーのボクシング行動の生起確率を高めたもの、行動分析学的考察/ペルソナ(仮面)をつけた白木葉子/矢吹丈、もう一つの心の側面/ジョーをめぐる人間模様
★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索