想い雲<みをつくし料理帖>(眦聴蝓
初版
角川春事務所ハルキ文庫
2010年3月18日発行
定価571円+税
<商品の状態:並上/帯つき>

★土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。そんなある日、戯作者・清石衛門が版元の坂村堂を連れ立って「つる屋」を訪れる。澪の料理に感心した食道楽の坂村堂は、自らが雇い入れている上方料理人に是非この味を覚えさせたいと請う。翌日、さっそく現れた坂村堂の料理人はなんと、行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に、働いていた富三だったのだ。澪と芳は佐兵衛の行方を富三に聞くが、彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった――。
身を尽くし、心を尽くして、料理に活きる澪(みお)の波瀾万丈の、けれど優しくあたたかい人々とのふれあいに彩られた人生を描く「みをつくし料理帖」シリーズの第3弾。
野江とのつかのまの再会に切ない涙があふれる。
*この商品は現在『みをつくし料理帖<既刊7巻セット>』として出品中。
★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索