華胥の幽夢<十二国記>(小野不由美)
10刷
講談社X文庫ホワイトハート
2003年8月26日発行
定価650円+税
<商品の状態:並(本体地小キズ微よごれ、カバー背小しわ)>

★戴国王驍宗の命で漣国へ赴いた泰麒を待っていたのは。
芳国王仲韃への大逆の張本人月渓に慶国王陽子から届けられた親書とは。
才国の宝重・華胥華朶に託された理想の王国への憧憬の行方は。
そして、陽子、楽俊、十二国はいま・・・。
5作を収録した十二国記珠玉の短編集。

<目次>
「華胥」
「冬栄」
「書簡」
「帰山」
「乗月」

十二国をめぐる壮大なるファンタジー『十二国記』シリーズのX文庫版11冊目で、作品としては7作目。
シリーズ初の短編集。
現時点では、書籍化されているものの中では、これがシリーズ最新刊にあたる。
もう10年経ってるけどね・・・。
『漂舶』(『ドラマCD 東の海神 西の滄海』付録)や、
『丕緒の鳥』『落照の獄』(新潮社の雑誌『yom yom』 に掲載)など、文庫未収録作品に書き下ろしを加えた新刊は2013年6月新潮文庫で刊行予定。
それまでに全巻復習だ!という人は・・・
*この巻を含めて講談社X文庫ホワイトハート版既刊11巻セットとして出品中*
ご注文はこちらから

★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索