風の万里 黎明の空<上下>十二国記(小野不由美)
上巻30刷・下巻34刷
講談社X文庫ホワイトハート
2003〜2004年発行分
定価(上下で)1300円+税
<商品の状態:並(下巻本体地小きず)〜並上>

★天命により慶の国、景王となった陽子は民の実情を知るために街へ出た。
目前で両親を殺され芳国公主の座を奪われた祥瓊は、父王の非道を知り自らを恥じていた。
蓬莱から才国に流されてきた鈴は華軒に轢き殺された友・清秀の仇討を誓った。
それぞれの苦難を抱いて三少女はやがて運命の邂逅の時を迎える・・・。
『十二国記』シリーズ(講談社X文庫版)の6・7冊目、作品としては4作目。
物語としては、『月の影 影の海』の直接の続編にあたり、陽子が王となった慶国のその後を描く。

*講談社X文庫ホワイトハート版既刊11巻セットとして出品中*
ご注文はこちらから

★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索