花の名の姫君(木原敏江)
初版
秋田文庫
平成9年8月10日発行
定価660円
<商品の状態:並上(カバー背微しわ)>
★名門吉田家の桜姫が、死別した恋人・白菊丸の生まれ変わりだと知った高僧清玄。17年前の恋をやり直せるか!?
「桜姫東文章」を原作とした表題作「花の名の姫君」
奧女中同士の争いを描いた「わたしが嫌いなお姐様」、遊女の悲恋「流星」、コメディ「轟く滝の下で」などすべて歌舞伎が原作の作品集。
★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索