わたしは驢馬に乗って下着をうりにゆきたい(鴨居羊子)
初版
旺文社文庫
1982年11月25日発行
定価360円
絶版または版元品切れ
<商品の状態:並(本体かるいヤケ、カバー背小スレ小しみ)>

★世の中の大半の人がくそ面白くもないメリヤス製品で満足していた時代に、思い切って買った、ひとひらの花弁に似たピンクのガーター・ベルト。
「買った翌日から洋服の下につけた。私の中身はピンク色に輝き、おなかは絶えずひとり笑いをした。とくにトイレへ行くときがたのしみである。ぱっとスカートをめくると、たちまちピンクの世界が開ける。おしっこまでピンク色に染まっているようであった」
たった一枚の下着による感動が、彼女の人生を変えた。
新聞記者から下着デザイナーへと転身。
たった一坪のオフィスからスタートした彼女は、斬新な製品を次々に発表し、「下着は女性が楽しむファッション」だという新たな概念、新たな文化を創造した。
下着会社「チュニック」の社長としての下着作りへの情熱と共に、地中海やエーゲ海の思い出、ヨットの旅の男たち、フラメンコへの憧憬、愛犬のこと、などを綴った自伝的エッセイ。

★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索