鳳凰飛翔〜華焔、江を薙ぐ〜(朝香祥)
Category : 三国志の本
初版
集英社コバルト文庫
1998年1月10日発行
定価500円
絶版または版元品切れ
<商品の状態:並(本体やけ)>

★劉備と同盟を結び、曹操との決戦に挑んだ孫権軍。
だが、曹操が持久戦の構えを見せ、戦況は膠着状態に陥っていた。脱走兵や敵に寝返る兵が相次ぎ、東呉軍は次第に追いつめられていく。ついに周瑜は、脱走兵を装った決死隊を送り、一気に劣勢をくつがえす奇策をとった。だが、決死隊に選ばれた黄蓋には、以前から曹操軍の間諜が接触していた…。

朝香祥の「かぜ江」シリーズは、「三国志」を呉の人物(孫策と周瑜など)の視点で描いた人気作。今も好きな人がいると思うのに、初期の一部の作品(これや「二龍争戦」「旋風の生まれる処」などが版元品切れになったままで、シリーズのファンは、一部が欠けているというのは悔しい。
しかも、この本はいわゆる「赤壁の戦い」でシリーズの中でも、かなり盛り上がる部分・・・
ってことでレア本として高値に。
たしかに、レアだわ・・・ほんとに見つからない。
長らく品切れでしたが、久しぶりの再入荷。

★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索