旋風(かぜ)の生まれる処<上下>(朝香祥)
Category : 三国志の本
上下とも初版
集英社コバルト文庫
(上)1998年4月10日(下)5月10日発行
定価(上下で)1000円
版元品切れ
<商品の状態:並(本体やけ、ページ一部微小やけしみ、下巻背表紙軽い折れ)>
★後に三国時代の英雄となる孫策は、十五歳になった年にようやく初陣をむかえることになった。暖かく見送るつもりでいた周瑜だが、孫策ばかりかその父・孫堅からも参軍を要請され、戸惑う。孫堅は漢室をないがしろにする董卓を討つつもりなのだが、周瑜はは漢室の必要性を見出せないでいたのだ。そんなとき賊に襲われていた一家を助けたことから、孫策と周瑜はある事件に巻き込まれて…。
★朝香祥の「かぜ江」シリーズの第5作。劉備や曹操を主人公に描かれることの多い「三国志」を呉の人物(孫策と周瑜など)の視点で描いた作品。
物語は、第一作「旋風は江を駆ける」より、さらに遡り、若き日の孫策と周瑜の友情を描いている。
赤壁の戦い三部作(「江のざわめく刻」「二龍争戦」「鳳凰飛翔」)で孫策の不在に泣いたファンはお楽しみください。
でも、この本も長く品切れで「二龍争戦」「鳳凰飛翔」とあわせて、シリーズ中のコレクションの難所(大汗)
再入荷しましたー。
イラスト:桑原祐子
★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索