アメリカの軍事戦略(江畑謙介)
Category : 新書 - その他
初版
講談社現代新書1319
1996年8月20日発行
定価650円
版元品切れ
<商品の状態:並上>
★在外米軍基地削減と空母――冷戦が終結し、米国は大幅な軍備の縮小と同時に、海外米軍基地の閉鎖、返還にも着手した。その必要がなくなったのと、配備しておくに十分な数の米軍部隊がなくなったからである。冷戦が終り、地域紛争の増大が予想される時代にあたり、この在外米軍基地の削減と米国の軍事力展開能力の維持という矛盾をどう解決するか。その答えとして米国が目を付けたのが空母の価値であった。その数は、かつてソ連の海軍力増強に対抗して、全世界での制海権を確保するための15隻という規模はもはや必要ではない。だが、削減幅は大方の予想であった半減ではなく、わずか3隻という小幅なものに留まったのである。そして1996年度予算でも、米国議会は10隻目の原子力空母CVN-76の建造費を承認した。(本書より)
冷戦後、軍縮が進むなかで空母だけは削減しないのはなぜか? 欧州重視から太平洋重視に転換した理由は? 日米安保再定義から核軍縮までアメリカの「ポスト冷戦」戦略を見通す本。
<目次>
●アメリカは海洋国家だ
●「海の軍縮」には応じない
●対日作戦
●冷戦の終結と核兵器
●核兵器の欠点
●地域紛争と米国の緊急派兵態勢
●湾岸戦争の失策
●在日米軍の構成と能力
●21世紀の米国戦略と兵器輸出
●TMDは「罠」になるか
★送料はメール便で160円
古本ぺんぎん堂は SSL に対応していますので、お買求めの際の情報は暗号化して送信されます。
Copyright(c) 2006-2012 古本ぺんぎん堂 All Rights Reserved.
古物商許可 大阪府公安委員会第598号




ネットショップ検索